フードアナリスト1級 小関章子オフィシャルサイト
 
top > フードアナリスト講座
フードアナリストとは?
食・食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、レストランの内装・サービスや料理の歴史・レストランの法律・経営まで、総合的に段階的に学び、レストランそのものから食品・食材を分析・評価する知識と教養を身につけた、食・食空間を分析・評価する専門家です。

レストランや料理飲食店に行って、利用者の立場で実際に飲食サービスを受け、料理の評価だけでなく、サービス、安全性、雰囲気を総合的に評価し、「1つ星」から最高で「5つ星」までの格付けをしたり、推奨飲食店を主にインターネット上で公開します。
その他、新商品や加工食品のモニタリングをして実際に使用したレポートなどをブログなどのメディアに掲載していきます。
フードアナリストとして学ぶ食の分野は、大変幅広く、食の専門学校や大学で学ぶカリキュラムでもなかなか学べない幅の広いものです。
生産者と消費者をつなぐ幅広い知識を身につけたフードアナリストには、食に関する様々な分野での活躍が期待されています。
現在アジア最大のショッピングセンターのプロデュースや大手食品会社の商品開発・販促プロモーションのアドバイス、飲食店のサービス改善に必要なミステリーショッパーやレストランの衛生調査員、雑誌・専門誌での記事の執筆、カルチャーセンターでの講師等活躍の場が広がっています。
食の専門家であり消費者サイドの視点を身につけたフードアナリストには多くの分野で注目されています。
現在、食に興味のある方から、食にかかわる専門の方まで幅広く学習されています。
フードアナリストは消費者目線でレストランや食材、食品にアプローチする「知識」「教養」「マナー」を持った「食の専門家」の資格です。

特に「個別のレストランや食材、食品」についての歴史、背景、独自性、比較、評判やトレンドなどを総合的に解説できるところに特徴があります。

一定のルールに従ってレストランや食材、食品を調査して中立・公正な立場から「格付け」評価レポートを作成することもフードアナリストの重要な仕事です。
フードアナリストになると・・・
☆レストランやカフェなどの飲食店 ☆ホテル支配人 ☆食品メーカー ☆飲食店マネージャー ☆ミステリーショッパー ☆サービス調査員 ☆マスコミ関係 ☆商品開発 ☆メニュー開発 ☆テレビコメンテーター ☆ラジオコメンテーター ☆レストランコンシェルジュ ☆コンサルタント ☆ライター ☆料理教室講師 ☆雑誌などの執筆 ・・・などで活かされています。
こんな方にもおすすめ!
●食に関わる全ての人
●フードビジネスに興味ある人
●食の教養を身に付けたい方
●食べ歩きが好きな方
●接待に役立つマナーやウンチクを身に付けたい人に
●交友関係を広げたい方に(食品メーカー・飲食店・マスコミ関係者・IT関係者・タレントなど様々な方が取得されてます。)
PAGE UP